エンタメ

杉咲花“長回し撮影”で「忍耐力がついた」 橋本環奈「ハワイで打ち上げしたい子どもたち」

杉咲花“長回し撮影”で「忍耐力がついた」 橋本環奈「ハワイで打ち上げしたい子どもたち」 画像1

 映画『十二人の死にたい子どもたち』の公開記念舞台あいさつが26日、東京都内で行われ、出演者の杉咲花、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、橋本環奈、竹内愛紗ほか、総勢11人のキャストと堤幸彦監督が登壇した。

 この日、登壇予定だった新田真剣佑はインフルエンザのため欠席した。イベントの冒頭で司会者が「今日という日をとても楽しみにしていたので、皆さんにお会いすることがかなわず、とても残念に思っております。皆さまに、この映画を楽しんでいただけたらとてもうれしく思います」と新田からのメッセージを読み上げた。

 同世代の役者が集結した本作。「この作品を通じて自身が成長した部分は?」と尋ねられた杉咲は「忍耐力が少しついたかな。40分の長回しの撮影は、堤組でしか体験できない貴重な時間でした。その分、緊張感も続いたし、カットがかかった瞬間は“うわぁっ”という感じで脱力しました」と笑顔で振り返った。

 北村は「僕は21歳。これまでは、自分が最年少の現場が多かったけど、今回は僕よりも年下がいて、竹内さんが現場で数学の宿題をしているのを見たときは驚いた。『俺、年取ってる…』って思いました」とエピソードを披露した。

 高杉は「同世代と話すのは楽しい。僕は本当に人見知りなのですが、コミュニケーション能力が少しだけ発達したかなと思います」と語った。

 また、映画のタイトルにちなみ「十二人の○○したい子どもたち」をそれぞれが発表することに。「ハワイで打ち上げしたい子どもたち」と回答した橋本は、「私利私欲っぽくなっちゃったけど、みんなの気持ちを代弁したつもり。昔はよくあったというじゃないですか。周りの人に(希望を)やんわり伝えただけ」と釈明して、笑いを誘った。

舞台あいさつに登場した面々