エンタメ

舘ひろし「昔から芝居には自信がなかった」 ブルーリボン賞主演男優賞、“娘”新垣も祝福

舘ひろし「昔から芝居には自信がなかった」 ブルーリボン賞主演男優賞、“娘”新垣も祝福 画像1

 在京スポーツ紙7社が主催する「第61回 ブルーリボン賞授賞式」が6日、東京都内で行われ、主演男優賞に、映画『終わった人』で定年退職後の熟年男性を演じた舘ひろしが選ばれた。

 ステージで舘は、「昔から本当に芝居には自信がなくて。こんな素晴らしい賞を本当に頂いていいのかと今でも思っています」と喜びをかみしめた。同作では“さえないおじさん”を演じ切ったが「私は割とアドリブが許されてこなかった。『あぶない刑事』では柴田恭兵くんがアドリブをやって、僕もやってみると監督が『舘くんはやめとこう』と。僕には才能がないのかなと…。今回は中田(秀夫)監督に“ああしたい”と言うと、結構乗ってくれて楽しい撮影でした」と振り返った。

 授賞式の司会を担当したのは、前年の主演男優賞と主演女優賞を受賞した阿部サダヲと新垣結衣。舘は新垣と2007年のTBS系主演ドラマ「パパとムスメの7日間」で共演した仲。新垣から「パパ、おめでとう」と祝福されると、笑顔でハグを交わし「また今年は結衣と何かやりたいね」と再共演を熱望していた。

 また阿部から「現場に裸にバスローブで入ると聞いたことがありますが、本当ですか?」と尋ねられた舘は、「現場でどうせ着替えるでしょ?だったら…」とニヤリ。阿部が「かっこいい!」と感嘆すると、新垣はさらに「トースターも持参されてパンとコーヒーも。たまに朝、『結衣も食べるか?』って」と、共演当時の舘の様子を明かしていた。

「第61回 ブルーリボン賞授賞式」の受賞者と司会者たち