エンタメ

窪田正孝、約6年ぶりに舞台挑戦 「どこかで蜷川さんが見ている」

窪田正孝、約6年ぶりに舞台挑戦 「どこかで蜷川さんが見ている」 画像1

 舞台「唐版 風の又三郎」公開舞台稽古が7日、東京都内で行われ、出演者の窪田正孝、柚希礼音、北村有起哉、風間杜夫、演出を手掛ける金守珍氏が出席した。

 本作は、宮沢賢治の『風の又三郎』に、ギリシャ神話、シェイクスピアの「ヴェニスの商人」、さらに1973年に起こった自衛隊員による隊機乗り逃げ事件などを織り交ぜながら描いた物語。

 2013年に出演した「唐版 滝の白糸」で唐十郎作品に初参加、蜷川幸雄さんの演出でアングラ演劇に骨の髄まで漬かった窪田は、これが約6年ぶりの舞台となる。前回と同じシアターコクーンでの上演で、「“どこかで蜷川さんが見ている”“きっと居るんだな”という感覚がある。勝手に自分で思っているだけですが、そうやって感じられることも大切だし、本当に(蜷川さんの元で)やってきたものがすごく染み付いていたんだなと純粋に思いました」としみじみ。開幕を目前に控え「みんな自由にやるけれども、ちゃんと決めるところは決める。とても勢いのある舞台なのでぜひ見てほしい」と笑顔で呼び掛けた。

 アングラ演劇初挑戦となる柚希は「稽古では最初、右も左も分からず一人衝撃を受けることが多々あった。一方ですごく美しい世界もあったりして、(アングラ演劇は)とても幅が広い。エネルギーを持って丁寧にやっていきたい」と目を輝かせた。

 本作で奇抜な役どころを演じる風間は「まだまだ演劇を続けたい。紫綬褒章は既に頂いた。次は文化功労賞、そして文化勲章、最後は人間国宝…と思っていたけれど、この芝居をやることで一切諦めた。文化庁も今後一切私に関わることは拒否するでしょう」と冗談めかして、笑わせた。

 舞台は2月8日~3月3日、都内のBunkamuraシアターコクーン、3月8日~3月13日、大阪の森ノ宮ピロティホールで上演。

(左から)金守珍、北村有起哉、窪田正孝、柚希礼音、風間杜夫