エンタメ

櫻井孝宏、18歳の自分に「このままいけば何とかなる」 『えいがのおそ松さん』完成披露舞台あいさつ

櫻井孝宏、18歳の自分に「このままいけば何とかなる」 『えいがのおそ松さん』完成披露舞台あいさつ 画像1

 劇場版『えいがのおそ松さん』の完成披露舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、声優の櫻井孝宏、主題歌を担当したDream Ami、藤田陽一監督ほかが登壇した。

 本作は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画「おそ松くん」を原作とし、大人になってもクズでニートだけど、どこか憎めない六つ子を描いたTVアニメ「おそ松さん」の新作映画。

 映画の設定にちなみ「18歳の自分に出会ったらどんな声を掛けるか」という司会の岩井勇気(ハライチ)からの質問に、櫻井は「このままどうなるんだろうと毎日ダラダラ過ごしていた。でも、18歳で声優を目指すことを決めたので、このままいけば何とかなると言いたい」と答えた。

 最後に、櫻井はファンに向けて「この映画は世の中を良くしたり、世界を救うような映画ではないが、見に来てくれた皆さんを笑顔にすることができる作品だと思っているので、最後まで楽しんでください」とユーモアを交えながら締めくくった。

 映画は3月15日から全国ロードショー。