エンタメ

欅坂46菅井友香「今までで一番泣きました」 小林由依「“日向坂46”の改名はうれしい」

欅坂46菅井友香「今までで一番泣きました」 小林由依「“日向坂46”の改名はうれしい」 画像1

 「イオンカード 欅坂46 キャンペーンキャラクター就任イベント」が25日、東京都内で行われ、同社の新CMに出演する欅坂46の小林由依、菅井友香、土生瑞穂が登場。長濱ねると渡邉理佐は体調不良のため欠席した。

 新CMで欅坂46のメンバーは、「もしも欅坂46ではない女の子だったら、過ごしていたかもしれない日常」をテーマに、それぞれの役柄を演じている。

 「もしも欅坂46のメンバーではなかったら、何をしている?」と質問された菅井は「欅坂46に入った大学時代は乗馬クラブでアルバイトをして、いつか馬関係の仕事ができたらなと思っていました。馬の世話をしたり、馬を飼ってみたいなと思います」と答えた。

 土生は「小さい頃の夢はヒーローだったんですけど」と笑いを誘い、「人に笑顔を与えたり、悩みを解決してあげたりするのがヒーローだと思うので、そういう人間になりたいなと思いました」と笑顔で話した。

 新CMで流れる欅坂46の新曲「黒い羊」が紹介されると、菅井は「今までで一番泣いたミュージックビデオになりました。主人公が社会と向き合わざるを得ない中で、どうつながっていくべきかを表現しています。みんな涙を流しながら踊って、すごく思い入れの強い曲になっています」と熱い思いを語った。

 一方「けやき坂46(ひらがなけやき)が、日向坂46に改名しましたが」と聞かれた小林は「日向坂46の子たちが、私たちと一緒にやることで前に出られない葛藤があったと思うので、単独デビューすることが、私も自分のことのようにうれしいです」と笑顔でコメントした。