エンタメ

櫻井孝宏「学校のような現場だった」 『えいがのおそ松さん』舞台あいさつで裏話を語る

櫻井孝宏「学校のような現場だった」   『えいがのおそ松さん』舞台あいさつで裏話を語る 画像1

 劇場版『えいがのおそ松さん』初日舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、声優の櫻井孝宏、主題歌を担当したDream Ami、藤田陽一監督ほかが登壇した。

 本作は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画「おそ松くん」を原作とし、大人になってもクズでニートだけど、どこか憎めない六つ子を描いたTVアニメ「おそ松さん」の新作映画。

 アフレコの様子を聞かれた櫻井は「学校のような収録現場だった」と振り返った。また、収録の終盤になるとスタジオに戻らずにぐずり始めたという出演者たちの裏話を披露し、会場を沸かせた。

 櫻井が、映画の見どころとして「ダヨーン(飛田辰男)が大変になことになるところが僕のお気に入りです」と語ると、先に映画を鑑賞した観客から笑いが起こった。

 すると、突然会場に18歳の六つ子が現れ、6人にエスコートされて叶美香がサプライズゲストとして登場した。

 公開を記念して、叶は六つ子に「立派な大人というのは人それぞれ。子どもの心を忘れずにピュアで誠実に生きてほしい」と語った。

 最後に櫻井は、ファンに向けて「今日までずっと楽しんできた。大変な部分もあったが、そこも楽しかった。今度は皆さんが楽しむ番。ぜひ何度も劇場に足を運んでほしい」と締めくくった。