エンタメ

関口メンディー「始球式で140キロを目指す」 「自分に言い訳をせずに頑張りたい」

関口メンディー「始球式で140キロを目指す」 「自分に言い訳をせずに頑張りたい」 画像1

 レモンサワーに特化した大型飲食イベント「レモンサワーフェスティバル2019 in東京 乾杯式」が5日、東京都内で行われ、ゲストとしてEXILE/GENERATIONSのパフォーマーである関口メンディーが登場した。

 会場で乾杯の発声を行った関口は、グラスに口をつけると「うメンディー!」と満面の笑みでアピール。普段から「レモンサワーが大好き」という関口は、「レモンサワーは炭酸でスカッと飲めるし、低糖質で体に優しいので体調管理にもいいですね」とその魅力を力説した。

 所属する事務所・LDHの“公式ドリンク”としても有名だが「一番飲むのは誰?」と聞かれると、「AKIRAさん。でも飲んだ次の日の朝からリハーサルなどをしっかりされるのでリスペクトしています」と語った。

 また、イベントの内容にちなみ、新元号元年に関口が目指す“キング”を発表することに。最近、プロ野球の始球式で見せる投球が話題を呼んでいる関口は「キングオブ始球式」と掲げ「自分の中で140キロを超えたいという目標があったのですが(先月18日の巨人対マリナーズ戦で)残念ながらイチローさんの前で緊張して(ボールが)すっぽ抜けてしまい、望みがかなわなかった」と振り返った。

 これまでの自己最速記録は133キロだが、「まだ全然駄目。150キロを目指すぐらいで頑張ると(140キロが)出るんじゃないかと思うので、自分に言い訳をせずに頑張りたい」と意気込みを語った。

 ライバルは、始球式で「135キロ」を記録したゴールデンボンバーの樽美酒研二。関口は「その記録を抜けるように」と話しつつも、「実はこの前一緒に練習させていただいた。樽美酒さんの方が全然うまい。いろいろアドバイスもいただきました」と明かした。