エンタメ

北原里英、ロケ地「としまえん」の隣で舞台あいさつ 「聖地になれば」

北原里英、ロケ地「としまえん」の隣で舞台あいさつ 「聖地になれば」 画像1

 映画『としまえん』の初日舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の北原里英、小島藤子、浅川梨奈、松田るか、さいとうなり、小宮有紗ほかが登壇した。

 本作は、長い歴史を誇る、都内練馬区のアミューズメント施設「としまえん」を舞台にしたホラー映画。大学生の早希(北原)は、高校時代の友人たちと「としまえん」に出掛けるが、ネットで話題の“としまえんの呪い”を軽い気持ちで試したところ、謎の怪奇現象に巻き込まれていく。

 北原は「撮影がちょうど1年前の今頃。あれから1年たったのか…と不思議な気持ちですが、皆さんに見ていただける日が来て、ハッピーでございます」と笑顔であいさつした。

 また、この日のイベントがロケ地となった「としまえん」に隣接する映画館「ユナイテッド・シネマとしまえん」で行われたことに触れ、「全国で一番、この映画館で見てもらわないといけないような気がしています。映画館も聖地みたいになったらうれしいです」と語った。

 ホラー映画といえば、出演者が撮影中に“恐怖体験”を味わうこともあるという。エピソードを聞かれた北原だが「なかったので…」と申し訳なさそうに返答。浅川は「インタビューなどでもよく聞かれたのですが、申し訳ないほどに(みんな)何もなかった。なかったというのが一番のホラー」と苦笑した。

 北原は「としまえん」の真横にある“温泉施設”についても言及。「撮影中にどうしてもあそこに行きたかったのですが、なかなか営業時間内に撮影が終わらなくて。それがちょっと心残りです」と残念がった。

 最後に北原は「令和初のホラー映画。内容は結構ドロドロしていますが、ホラー映画が苦手な人でも、ギリ見れるホラー映画だと思うので、食わず嫌いの人の一歩目の作品にしてもらえたら」と呼び掛けた。

(左から)さいとうなり、松田るか、小島藤子、北原里英、浅川梨奈、小宮有紗