エンタメ

松山ケンイチ、「これほど燃え尽きた役はない」 『プロメア』でフルパワー演技

松山ケンイチ、「これほど燃え尽きた役はない」 『プロメア』でフルパワー演技 画像1

 映画『プロメア』公開記念!前夜祭が23日、東京都内で行われ、声優を務めた松山ケンイチ、早乙女太一、堺雅人、ケンドーコバヤシ、佐倉綾音、脚本の中島かずき氏と今石洋之監督が登壇した。

 本作は、人気TVシリーズ「天元突破グレンラガン」「キルラキル」でタッグを組んだ、今石監督と中島氏による、初の完全オリジナルの劇場アニメーション。燃える火消し魂を持つレスキュー隊員・ガロ役を松山、ガロの宿敵となるリオ役を早乙女、物語の鍵を握るクレイ役を堺が演じた。

 ガロ役の松山は「第一声目で声がガラガラになった」というほど、収録序盤からフルパワーで熱演。「テンションを落とすわけにはいかない役。これほどやった後に(自分が)燃え尽きた作品はなかった。ちょっとびっくりな現場だった」と振り返った。

 松山と敵対する役どころを演じた早乙女は、「勢いがあり過ぎて、僕のせりふまで言っていた。火消しの役のハズなのに、『燃やさなければ生きていけない!』と言っていた。それ俺だな、と思った」と暴露。真偽を問われた松山は「覚えてないですね」とトボケて、笑いを誘った。

 一方、松山は、堺の演技に衝撃を受けたよう。「せりふって、漢字とひらがなとカタカナで構成されているもの。でも堺さんの表現はそれのどれでもなかった」と、もはや“日本語を超えた演技”であったことを紹介。佐倉からも、予測できない音が出ていたことを指摘された堺は「声が時々裏返っていたね。それ駄目なやつじゃん。あれは自分でも再現不可能…」と笑っていた。

 映画は5月24日から公開。