エンタメ

“日本一かわいい女子高生”福田愛依が応援 「K-1甲子園」で「同世代の熱い闘いを応援したい」

“日本一かわいい女子高生”福田愛依が応援 「K-1甲子園」で「同世代の熱い闘いを応援したい」 画像1

 「K-1甲子園2019」初代応援サポーター&PR大使記者発表会が5日、東京都内で行われ、“日本一かわいい女子高生”グランプリの福田愛依、K-1選手の近藤魁成と西京佑馬が登場した。

 福田は、全国の高校生の立ち技格闘技ナンバーワンを決める大会「ガスワン・プレゼンツ K-1甲子園2019~高校生日本一決定トーナメント~」の初代応援サポーターに就任した。

 福田は「同世代の方々の熱い闘いや活躍を見る機会は、私にとってもすごく刺激的なので、夢や目標に向けて一生懸命頑張る姿を応援していきたいです」と、元気いっぱいにあいさつ。

 また「私はスポーツが好きなので、スポーツ関係のお仕事はすごくうれしいです。K-1はあまり詳しくないので、今回のサポーターを通してK-1の楽しさを知っていきたいです」と意欲を語った。

 「格闘技をやっている男性はどう思う?」と質問されると、「やっぱり女性は守ってもらうのがうれしいので、ガタイがしっかりしていて、カッコいいなっていうのが印象強いです」と笑顔で話した。

 PR大使に就任した西京選手は「毎回レベルが高い大会になるので、しっかり応援していきます」と意気込み。

 同じくPR大使を務める近藤選手は、「技術よりも優勝したいという強い気持ちを持っている選手が優勝するので、強い気持ちを持っておけば大丈夫」と出場する高校生にエールを送った。