エンタメ

斎藤工「業界全体が変わらなきゃいけない時代」 芸人らに「気が気じゃないだろうな」

 「読売新聞 特別記者」任命式が22日、東京都内で行われ、特別記者に任命された俳優の斎藤工が登場した。

 斎藤は来年開催される東京五輪・パラリンピックに向けて、同紙の特別記者として企画や取材を行うなど、魅力的な紙面作りに参画する。

 任命状を授与され、記者の腕章を着用した斎藤は「最近はYouTuberとか、いろいろなことをやっているので、また肩書が増えます。腕章で気持ちが上がります」と笑顔で話した。

 意気込みを聞かれると、「来年は東京五輪やパラリンピックがあって特別な年になるので、いろんなことを切り取らせていただいて、いわゆるタレントさんが記者をやっているということをぶち壊して、踏み込んでいきたいです」と語った。

 また「今いろんなニュースが飛び交っている中で、元号が変わるだけじゃなくて、大きく時代が変化せざるを得ないところに、どの業界もあるんじゃないかなと強く感じています。僕も職業柄、感じているので、そういった目線も含めて、自分の立ち位置から見えるリアルなものを届けていきたいです。ギリギリを攻めていきます」と決意を語った。

 「日々芸能界は、事件などのニュースがありますが」と話題を向けられると、「目まぐるしくニュースが届くので、僕もそしゃくできていない状態です。芸人さんとお仕事をしたりもするんですけど、皆さん気が気じゃない状態だろうなと思いながら、でも現場は進んでいくので、業界全体がもう一度締め直さないといけないなと思います」とコメントした。