エンタメ

横浜流星「感情をあまり出さず、抑え込むタイプ」 共演者も「陰と陽の二面性を持っている」と指摘

横浜流星「感情をあまり出さず、抑え込むタイプ」 共演者も「陰と陽の二面性を持っている」と指摘 画像1

 映画『いなくなれ、群青』の完成披露試写会が12日、東京都内で行われ、出演者の横浜流星、飯豊まりえ、矢作穂香、松岡広大、松本妃代、中村里帆、黒羽麻璃央と柳明菜監督ほかが登壇した。

 本作は、河野裕氏の同名ミステリー小説を映画化。捨てられた者たちが住む階段島の人々は、自分がなぜこの島に来たのか誰も知らない。そのことに疑問を抱くことのなかった七草(横浜)だったが、幼なじみの真辺(飯豊)は「納得できない」と憤慨する。

 「七草は悲観主義者、真辺は理想主義者として描かれるが、自分はどっち?」と尋ねられた横浜は「どちらの要素も持っているけど、近いのは七草かな。僕も感情をあまり表に出さずに抑え込むタイプなので」と自己分析した。

 一方、飯豊は「私は悲観主義ではないかな。こう思えばこうなる、と信じているタイプ。(劇中のせりふに)『目標を口に出すことは間違っていない』とありましたが、私も本当にそう思っています」と答えた。

 また、劇中で同級生を演じた横浜、飯豊、矢作、松岡の4人は、実生活でも同じ高校の同級生だったという事実が明かされた。

 「当時どんな学生だったか?」と尋ねられた飯豊は「正義感みたいなのは割と強い方だった。誰かが『牛乳が飲めない』と言うと(代わりに)飲んでいました」と回顧。

 すかさず矢作が「前に一緒に食事したとき、私が残しちゃうと、まりえが『食べてあげる』と言って全部食べてくれました」と、エピソードを披露した。

 さらに矢作は、クラスメートだった横浜について「楽しそうなときと、りんとしているときがある。陽と陰の二面性がある」などと指摘。横浜が「はい、僕は二面性を持っています」と笑うと、松岡が「流星くんは、温泉に入るとすごい笑顔になるんですよ」と、情報を付け加えた。

 映画は9月6日から公開。

映画『いなくなれ、群青』完成披露試写会の登壇者たち