エンタメ

佐藤アツヒロ、ジャニーさんの楽屋のれんを継承 内博貴「先輩からのパワハラはもちろんない」

佐藤アツヒロ、ジャニーさんの楽屋のれんを継承 内博貴「先輩からのパワハラはもちろんない」 画像1

 舞台「ブラック or ホワイト? あなたの上司、訴えます!」の公開舞台稽古・囲み取材が21日、東京都内で行われ、出演者の佐藤アツヒロ、内博貴ほかが出席した。

 本作は、パワハラ疑惑を向けられた憧れの先輩の無実を証明するため、主人公の倫太郎が疑惑の営業所に潜入し、奮闘するお仕事コメディー。

 佐藤は「チームワーク抜群ですてきなコメディーになっていると思います」と自信をうかがわせたが、新橋演舞場での初主演については「見に来ることは多かったのですが、本当に緊張します。空気感というか、目に見えない歴史というものを感じます」と緊張感を口にした。

 佐藤の楽屋には、故ジャニー喜多川氏が自ら演出を手掛けた作品が新橋演舞場で上演される際に使っていたのれんが掛けられているという。「僕があまりのれんを掛けない人なので『どうしますか?』という話になって、じゃあせっかくなのでと。しっかり受け止めて頑張りたいと思います」と語った。

 一方、内は「ニシキ(錦織一清)さんが僕の目の前で墨汁をすってくれて筆で書いてくださったのれんをずっと使っています」と明かしたが、「僕の名前は書いてないんですよ。“錦織一清”って書いてあるので、一見するとニシキさんののれん。おそらく(僕の名前を書くのを)忘れたんだと思います」と笑いを誘った。

 佐藤とはジャニーズ事務所の先輩後輩の間柄で、劇中でも上司部下の関係を演じる内は、稽古中の佐藤からのパワハラについて「もちろんないです。楽しくやらせていただきました」と即答し、「アツヒロくんはそんなことはしないです。普段から先輩、先輩をしないというか、一緒にいて居心地がいいというか」と良好な関係を語った。

 舞台は、東京公演が都内・新橋演舞場で8月21日~25日、愛知公演が御園座で8月31日と9月1日に上演するほか、北海道、石川、富山、大阪を回る。