エンタメ

星野源のサプライズ登場にファン歓喜 6年ぶりの主演映画は「すてきな喜劇になった」

星野源のサプライズ登場にファン歓喜 6年ぶりの主演映画は「すてきな喜劇になった」 画像1

 映画『引っ越し大名!』公開直前イベントが23日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・ずんの飯尾和樹とキャイ~ンのウド鈴木が出席した。

 本作は、引っ越し奉行に任命された姫路藩の引きこもり侍・片桐春之介(星野源)が、お国の一大事を救うため、超難関プロジェクトの解決に向けて奮闘する物語。

 2人は本作にちなみ、会場に集まった一般客が直面している問題を解決する「お悩み相談会」を実施。一般客から「歯医者が怖いけれど、どうしたらいい?」と質問されたウドは「自分が歯医者よりも強くなって、魔物みたいになって、おどろおどろしい形相で歯医者に行けばいい」などと珍回答をして笑いを誘った。

 また、本作に主演した星野が相談者として、一般客に混ざってサプライズで登場した。星野が客席から「東京都から来た星野源です。最近寝つきが悪いので、いい方法がないか困っています」と悩みを明かすと、会場は歓喜の声で沸き、涙する女子生徒の姿もあった。

その後、3人は「合唱会で指揮を担当する」という小学生の悩みや、「夏バテの解消法を知りたい」という男性の悩み相談に乗り、会場を盛り上げた。

 最後に星野は、本作について「6年ぶりの主演映画で、共演の皆さんもご一緒したい人ばかりで、楽しく笑いながら作りました。すごくすてきな喜劇になっていて、現代の日本に生きる人たちにも時空を超えて共鳴できる映画になったと思います」と魅力をアピールした。

 映画は8月30日から公開。

一般客の悩み相談に応じた(左から)飯尾和樹、星野源、ウド鈴木