エンタメ

竹中直人「映画館を出たら街が荒野に見えるはず」 「この映画は『許されざる者』を超えている」

竹中直人「映画館を出たら街が荒野に見えるはず」 「この映画は『許されざる者』を超えている」 画像1

 映画『荒野の誓い』のトークイベントが23日、東京都内で行われ、俳優の竹中直人が登場した。

 本作は、退役間近の陸軍大尉(クリスチャン・ベール)、家族を殺された女性(ロザムンド・パイク)、死期が迫るシャイアン族の族長(ウェス・ステューディ)の、命懸けの旅を描く西部劇。

 ベールの大ファンだという竹中は「この映画は、人種を超えた魂のつながりを、監督のスコット・クーパーが静かなまなざしで撮っている。みんな余計な芝居をしていないし、多くを語らないけど、その分深く染み込んでくる。クリント・イーストウッドの『許されざる者』を超えています。それに、日本人のマサノブ・タカヤナギさんが撮影監督をしているので、どこか日本の感覚と通じるところもある。とにかく風景が素晴らしい。何度も見たい映画です」と、本作の魅力を熱く語った。

 また、西部劇の面白さについて聞かれると、「広大な自然、馬、闘い。そして西部劇ならではの風景と衣装。携帯ではなく、ぜひ映画館の大きなスクリーンで西部劇ならではの映像を見てほしい。映画館を出たら街が荒野に見えるはず」と語った。

 最後に竹中は「クリスチャン・ベールが雨に打たれているところを見るだけでもう胸アツ。それから、この映画で、クリスチャン・ベールが眉間にしわを寄せるシーンがあって、その眉間と眉毛の形が“バットウィング”になるんですよ」と、かつてベールが主演した『バットマン』をネタにして締めくくった。

 映画は9月6日から新宿バルト9ほか全国公開。