エンタメ

渡辺謙、語学と格闘中の加瀬亮に差し入れ 加瀬「いつも謙さんの握ったおにぎりが置いてあった」

渡辺謙、語学と格闘中の加瀬亮に差し入れ 加瀬「いつも謙さんの握ったおにぎりが置いてあった」 画像1

 映画『ベル・カント とらわれのアリア』のジャパンプレミアが9日、東京都内で行われ、出演者の渡辺謙と加瀬亮が登壇した。

 本作は、1996年にペルーで起きた日本大使公邸占拠事件からヒントを得たアン・バチェットの小説を映画化。副大統領邸を占拠したテロリストと人質たちの交流を描く。

 人質となる実業家ホソカワを演じた渡辺は「2年半前、ニューヨークとメキシコでこの映画を撮ってきました。なかなかハードな内容ですが、人間の機微が描かれた作品なので、たっぷり楽しんでいただけたら」とアピールした。

 ホソカワと行動を共にする通訳ゲンを演じた加瀬は、渡辺とは『硫黄島からの手紙』(2006年)以来の共演となった。「謙さんはアメリカでも誰もが知っている世界的な俳優。(前は)ほとんど絡みがなかったけれど、今回改めて近くでがっつり絡むことができていい勉強になりました」と喜びを語った。

 通訳ゲンは、英語のほか、スペイン語、フランス語、ドイツ語、ロシア語を操る役どころ。加瀬は「最初はちょっと無理かなと思ったけど、台本がとてもよかったので、せりふを一生懸命練習して挑んで使ってもらいました」と、オーディションに参加したことを語った。

 「演技うんぬんの前に語学の勉強に必死だった」そうで、「撮影に入ってからもコロンビア大学の学生が(撮影)休みに来てくれて、ずっと部屋でスペイン語をやってました」と振り返った。

 そんな加瀬を見ていた渡辺は「土日でも『加瀬、ちょっと気分転換に飯行くか?』と言えないぐらいの顔をしていた。とりあえず今は触らないで集中させてやろうと。たまに『よく頑張ったな』とおにぎりを差し入れるぐらい」と明かした。

 加瀬も「あんまり苦労話をするのは好きでないけどすごく大変でした」と苦笑しながら、「朝、楽屋に行くと、いつも謙さんの握ったおにぎりが置いてあって。『硫黄島~』のときも、よく謙さんの家でご飯をごちそうになったのですが、いつも励ましてくれました」と語った。

 映画は11月15日からTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。