エンタメ

大和田伸也、神様役は「清らかな心で臨んだ」 仕事のモットーは「面白いことを一生懸命やる」

大和田伸也、神様役は「清らかな心で臨んだ」 仕事のモットーは「面白いことを一生懸命やる」 画像1

 「聴くドラマ聖書」アプリ記者発表会が18日、東京都内で行われ、収録に参加した俳優の大和田伸也、井上芳雄、つるの剛士、六平直政が出席した。

 ドラマ仕立ての聖書のスマートフォンアプリで神様の声を演じた大和田は「オファーを受けたときは『大変な仕事だな』と思ったけれど、父が敬虔(けいけん)なクリスチャンだったので、お父さんのためにもなるかなと思って…」と明かした。

 続けて「何せ旧約聖書は膨大な量。毎日5、6時間、最終的に1年弱掛かった」と苦労を明かしながら、「神様は崩しちゃいけない。収録では、自分の心の中にある清らかなものを思い起こしながら臨みました」と振り返った。

 今年は、映画『ライオン・キング』で主人公シンバの父親役の声を担当、特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」に本人役で登場したほか、現在放映中のドラマ「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」にも出演している大和田。

 「この1年は、本当にバリエーションに富んだ、面白い年だった」と笑顔を浮かべながら、「この年になったら『面白いことを一生懸命やろう』と思ってやっている。それが今の僕にできる仕事だし、若返る秘訣(ひけつ)でもあるので」と語った。

 イエス役の井上と、マタイ役のつるのは、自身がクリスチャン。井上は「イエス様役というのは、想像を超えた部分もあったけれど、きっと神様が読ませてくれるだろうと、心を預けて臨みました」と語った。

 つるのは「土日は欠かさず教会に行くような家庭で育ったけれど、ちゃんと聖書を読んだことはなかった。改めて内容を再確認する素晴らしい機会になった」と喜んだ。

 ヤコブ役の六平は、秋田で代々続く浄土真宗の寺の家系だというが、「神は上ではつながっていて友達かもしれない。聖書は初めて読んだけれど、大変勉強になった。小学校の道徳の時間に流してみては。悪いことをする子がいなくなるかも」と提案した。