エンタメ

長谷川京子、8年ぶりに舞台出演 「絶対できるという根拠のない自信」

長谷川京子、8年ぶりに舞台出演 「絶対できるという根拠のない自信」 画像1

 舞台「メアリ・スチュアート」制作発表会が10日、東京都内で行われ、出演者の長谷川京子、シルビア・グラブ、三浦涼介、吉田栄作ほかが登壇した。

 本作は、16世紀のスコットランド女王メアリ(長谷川)とイングランド女王エリザベス(シルビア)の歴史的な対立を描く人間ドラマ。

 長谷川は「大役を頂き、背筋が伸びる思いです。いろんな意味で大変なんだと実感しています」とあいさつした。

 2012年以来の舞台出演となるが、「私としては舞台は切望していて、なかなかご縁に至らなかっただけで、いつでもウェルカムな状態だったんです」と話し、「今回、頂いたのがこんな大役だったので、一瞬どうしようかと思ったんですが、自分の性分的に『山を越えないという選択肢はない』というのがあります。それに、やれると思ってキャスティングしてくださっているんだったら、絶対できるという根拠のない自信があって、今回、挑戦させていただくことになりました」と語った。

 そして「身を引き締め、体力もつけて、格好いいメアリ・スチュアートになるように仕上げていきたいと思っています。周りの芸達者な(共演者の)方たちに甘えさせていただいて、いろいろなアドバイスを頂いて、みんなで仲良く、楽しくやっていければと思っています」と意気込みを語った。

 舞台は2020年1月27日~2月16日、都内・世田谷パブリックシアターで上演。

(左から)森新太郎、吉田栄作、長谷川京子、シルビア・グラブ、三浦涼介