エンタメ

中村倫也、タキシード姿で「僕は今日は5割増し」 蜷川実花、沢尻エリカに関する質問には無言

中村倫也、タキシード姿で「僕は今日は5割増し」 蜷川実花、沢尻エリカに関する質問には無言 画像1

 「ELLE CINEMA AWARDS 2019」授賞式が12日、東京都内で行われ、受賞者の門脇麦、中村倫也、佐久間由衣、蜷川実花監督が登場した。

 同アワードはファッションメディア『ELLE(エル)』が独自の視点で、その年のナンバーワンの映画や人物を選出するもの。

 今年、目覚ましい活躍をした男性に贈られる「エル・メン賞」を受賞した中村は、トロフィーを授与されると「ありがとうございます。こんな華々しい賞を頂けるとは全く思っていない人生だったので光栄です」とガッツポーズで喜んだ。

 普段の役作りについては、「現場に行って衣装やメークだったり、そういうものの力を借りて役になる感じです」とコメント。中村が高級ブランド「ディオール」のタキシードを着用していることが明かされると「はい。なので僕は今日は(衣装によって)5割増しです。これが限界です」と話して笑いを誘った。

 蜷川監督は、薬物所持で逮捕された沢尻エリカも出演した映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』などのヒットが認められ、今年最も活躍した映画監督に贈られる「エル・ベストディレクター賞」を受賞した。

 蜷川監督は「すてきな賞を頂いてうれしいです。今もね…いろいろと大変なことがあるんですけど、そんなことにはめげずに、これからも、来年も走り抜けようという思いに背中を押していただけて、本当にうれしいです」とスピーチした。

 降壇時には、報道陣から「沢尻エリカさんの件で一言コメントを頂けませんか」「連絡は取っていますか?」と質問が飛んだが、蜷川監督はコメントせずに立ち去った。