エンタメ

成田凌「ナリッチに終止符を打たなきゃ」 周防正行監督「今でも同級生から『周防くん』と呼ばれる」

成田凌「ナリッチに終止符を打たなきゃ」 周防正行監督「今でも同級生から『周防くん』と呼ばれる」 画像1

 映画『カツベン!』のお客さま御礼舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の成田凌、黒島結菜と周防正行監督が登壇した。

 本作は、日本映画の黎明(れいめい)期の大正時代に、映画の語り部として人気を博した活動弁士(通称カツベン)たちの成長と活躍を描く。

 公開から10日が過ぎ、主演の成田は「珍しく友達がたくさん見てくれているし、キャスティングをしているある方から『隣で笑い転げている老夫婦がいた。最高のデートムービーだな』と言われたのが印象的でした。街でも声を掛けられるようになった」と話し、自信を深めた様子。

 一方、黒島は「私はまだ街で声を掛けられたことがないので頑張ります」とこぼした。それでも「友人やこれまでお仕事をした方からも連絡を頂き、『たくさん笑って感動した』と言ってもらえたので、楽しんでいただけていると実感しました」と語った。

 周防監督は、大学の同級生の女性から手紙が届いたことを明かし、「『いつもは構えて見るのに、周防くんの映画であることを忘れて最後まで見ちゃった』と書いてあったのがうれしかった。でも、同級生だからしようがないけれど、『周防くん」と呼ぶのはどうにかならないかと思った」と苦笑交じりに話した。

 すると、成田が「僕のことをナリッチと呼ぶ友人がいるので、それは一生続くかもしれません。どこかで終止符を打たなきゃと今思った」と表明。しかし、会場から早速「ナリッチ」のコールが掛かり、「余計なこと言っちゃった」と自嘲気味に話した。

 最後は、周防監督と俳優2人が感謝を込めて互いに花束を交換した。成田は「監督は、前情報なしで見てもらえる前提で作ったので、ただただ楽しんで」とアピール。黒島は「役が決まっても自信がなかったけれど、このタイミングで出合えたことで、自分のこれからの人生が変わるきっかけになりました」と語った。

(左から)周防正行監督、成田凌、黒島結菜