エンタメ

乃木坂46、メンバー10人が主演するドラマを配信 松村沙友理「皆さんへのクリスマスプレゼントになれば」

乃木坂46、メンバー10人が主演するドラマを配信 松村沙友理「皆さんへのクリスマスプレゼントになれば」 画像1

 「FOD(フジテレビオンデマンド)オリジナルドラマ『乃木坂シネマズ~STORY of 46~』制作発表会見」が25日、東京都内で行われ、乃木坂46の松村沙友理、北野日奈子、堀未央奈、与田祐希、久保史緒里が出席した。

 乃木坂46のメンバー10人がそれぞれ主演するオムニバスドラマ全10話の配信が決定。気鋭のクリエーターとタッグを組み、アクション、SF、コメディーなど、さまざまなジャンルに挑戦した。

 全10話のダイジェスト映像を見た松村は「普段接しているメンバーのキャラと違う。私もより(視聴が)楽しみになりました」と、仲間の演技に興味津々の様子。

 会見中には、斎藤飛鳥が主演した第1話「鳥,貴族」の配信も開始され、「これが私たちから皆さんへのクリスマスプレゼントになれば」と呼び掛けた。

 松村は「超魔空騎士アルカディアス」(第3話)で、紙に描いた理想の男性キャラとの不思議な恋愛をする主人公を演じた。「相手役がCGで実際には現場にいないので、そこが一番苦労しました」と、撮影の様子を振り返った。

 北野は、分析、駆け引きを経て、いかにターゲットを落とすかを競う、青春スポ根ドラマ「結道」(5話)に主演。「理系の役だけど、実際の私は文系女子だし、普段からおばかキャラの部分が若干あるので、『どうすれば頭がよく見えるだろうか』と考えながらやっていました。声のトーンはいつもより低めにしています」などと役作りを明かした。

 堀は「納品ウォーズ」(第6話)で、念願の本格アクションにチャレンジ。撮影の1、2カ月前から稽古に臨んだといい、「ワイヤアクションもやりました。ずっと強い女性に憧れていたので、完成映像を見たときは(自分が)超人のようでうれしかったです」と満足げに語った。

 SFシリアスドラマ「脆弱性」(第9話)で、アンドロイドを演じた久保は「夏の北九州での撮影。アンドロイドなので『汗をかかないで』と言われて大変だった。空き時間に氷のうを当てたり日傘をさしたり…」と苦笑交じりに振り返った。

 ドラマはFODで25日から毎週水曜日、午前0時に最新話を配信。