エンタメ

【2.5次元】舞台「KING OF PRISM ‐Shiny Rose Stars‐」橋本祥平インタビュー 第2弾ではお風呂シーンもパワーアップ!「楽しみにしていただきたい」

【2.5次元】舞台「KING OF PRISM ‐Shiny Rose Stars‐」橋本祥平インタビュー 第2弾ではお風呂シーンもパワーアップ!「楽しみにしていただきたい」 画像1

 歌、ダンス、ジャンプなどのパフォーマンスで観客をどれだけ魅了できるかを競う「プリズムショー」に挑む男子プリズムスタァたちの成長と輝きを描いた、劇場版『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』、劇場版『KING OF PRISM‐PRIDE the HERO‐』、そしてTVアニメシリーズ「KING OF PRISM‐Shiny Seven Stars‐」を舞台化した、“キンプリ”の第2弾、舞台「KING OF PRISM‐Shiny Rose Stars‐」が2月20日から上演される。第1弾に続き、主演の一条シン役を演じる橋本祥平に、本作の見どころ、さらには第1弾で大きな話題になった“お風呂シーン”についての思いを聞いた。

一条シン役の橋本祥平 (C)T-ARTS/synSophia/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ/舞台「KING OF PRISM -Shiny Rose Stars-」製作委員会2020

-第2弾が決定したときのお気持ちを聞かせてください。

 僕は、どの作品に出演するときも、続編や第2弾はないという思いで演じていて、第2弾ができるというのは奇跡だと思っているので、今回、また出演させていただけることがただただうれしいです。またこの仲間たちと一緒にプリズムショーをできるのが楽しみで仕方ありません。

-第1弾を終えた後に、手応えは感じていましたか。

 多分、キャスト全員が感じていたと思います。第1弾のときは、初日の幕が開くまで、不安も大きかったんですよ。「応援上演」という、舞台としては珍しい形での上演の仕方だったので、お客さまがどんな反応をするのか分からなかったんです。でも、いざ幕が開くと、映画館と同じように、お客さまが応援してくださっていて、鳥肌がブワッと立ったのを覚えています。一体感が生まれたのを感じました。

-第1弾公演の後には、初のライブイベント舞台「KING OF PRISM‐Rose Party 2019‐」もありました。

 「キンプリ」はライブ向きの作品だと思います。お客さまが一緒になって盛り上がれるナンバーがたくさんありますし、バラードなどもあって楽曲もバラエティー豊かなので一つのライブとしても楽しめます。なので、僕たちキャストも、このライブを成功させて、さらに勢いをつけて第2弾につなげたいという思いが強く、努力を重ねていたので、キャスト一丸となって公演に臨みました。残念ながら、中継という形になってしまいましたが(注:台風19号の影響により公演中止になったことに伴い、本編がニコニコ生放送にて完全無料生中継された)、それでも、キャストのみんなと一緒にステージの上でパフォーマンスできたことで報われた思いがありますし、こういった事態になったからこそ生まれた絆や一体感があると思うので、これをバネに第2弾もさらにいい作品にしたいと思います。

-橋本さんが演じる一条シンは、プリズムスタァを目指して成長していく、明るくて愛されキャラの男子です。そんなシンのスター性やキラキラ感を出すために、どのようなことを意識しようと思っていますか。

 第1弾のときには、稽古場でも「きらめき」というものを自分なりに意識していたのですが、ただ、そういうものはファンの方や見てくださる方がいて初めて出るものだと、改めて開幕してから思いました。お客さまの力を借りて初めて輝けると思うので、皆さまに助けてもらいつつ、輝けたらと思います。

-第1弾では、お風呂のシーンも大きな話題になりました。

 そうですね、みんなほぼ裸でしたからね(笑)。脱ぐと決まってからは、稽古場でみんなで筋トレしました(笑)。もう今後はあそこまで脱ぐ機会もないと思いながら、必死で腹筋していました(笑)。

-今回の第2弾でも期待は高まりますが。

 まだ僕たちも分かりませんが、きっとパワーアップしたものをお見せすることになると思います!(笑)。正直に言うと、キャストたちの間でも「お風呂のシーン、もう1回やりたいね」って話も挙がるんです(笑)。なので、きっとみんなもいつでも脱げる準備はできていると思います。

-橋本さんご自身は、脱ぐシーンに抵抗はなかったんですか。

 全くなかったです。これはこれですごく貴重な経験をしていると思うと、めちゃめちゃ楽しかったです。それに、きっと、ファンの方の中にもお風呂のシーンが好きという人もいると思うんですよ。僕自身、最初に原作を見たときに、お風呂シーンはすごく印象的だったので、そこは妥協してはいけないと思っていました。