エンタメ

増田貴久「この作品に関わることができて幸せ」 WOWOWドラマの出演オファーに感激

増田貴久「この作品に関わることができて幸せ」 WOWOWドラマの出演オファーに感激 画像1

 WOWOW「連続ドラマW パレートの誤算~ケースワーカー殺人事件~」完成報告会が27日、東京都内で行われ、出演者の橋本愛、増田貴久(NEWS)、北村有起哉、松本まりか、那須雄登(美 少年/ジャニーズJr.)ほかが登壇した。

 本作は、市役所の社会福祉課の新人嘱託職員として働く牧野聡美(橋本)が、ある殺人事件をきっかけに、福祉や市政、医療を取り巻く街の闇に巻き込まれていく姿を描く。

 橋本は「今の世の中、一人一人が環境や状況、生まれ育ちも異なるけど、一緒に(社会に)生きている。この『共に生きている』という、当たり前だけど、どうしても見落としがちな現実、大切なことがこのドラマには詰まっていると思う」とアピールした。

 聡美の同僚の小野寺淳一を演じた増田は、オファーを受けたときに「なんで俺なんだろう?」と驚いたそうで、「『誰から来た話?』『なんで?』とマネジャーを質問攻めしてしまった。そこでプロデューサーさんが『増田で』とオファーしてくれていると聞いて、さらにお手紙まで頂いて。僕はそれに感動して、内容を見る前から『やります』と返事をしました」と経緯を明かした。

 そこから原作本を読み、生活保護を巡る問題に触れた増田。「恥ずかしながら、これまで自分があまり知らなかった部分、気にしていなかった部分について勉強させてもらった。この作品に関われたことが幸せだし、知らなきゃいけないことだなと感じた」と語った。

 撮影期間中に、バラエティー番組「ぐるぐるナインティナイン」内の「ゴチになります!」のコーナーにレギュラー出演することが決まった増田。「僕はいつもドラマの現場に差し入れがあるのがうれしくて、僕もなるべくいっぱい差し入れしたいなって思いながら生きているのですが、途中から差し入れすると『増田貴久さん、ゴチになります』とスタッフさんが紙をつけてくれたのがうれしかったです」と笑わせた。

 ドラマは、3月7日午後10時から毎週土曜日に放送(全5話)。

「連続ドラマW パレートの誤算~ケースワーカー殺人事件~」完成報告会の登壇者たち