エンタメ

剛力彩芽「洋服の整理をつい最近したばかり」 「服は試着をしてから選ぶ」

剛力彩芽「洋服の整理をつい最近したばかり」 「服は試着をしてから選ぶ」 画像1

 映画『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』製作発表記者会見が16日、千葉県流山市で行われ、出演者の水野勝、剛力彩芽、松下由樹、高畑淳子、橋爪功と香月秀之監督が出席した。

 本作は、熟年離婚寸前の夫婦が、“終活”をめぐる騒動を通して、新たな人生に向き合っていく姿を描く。結婚40数年になる大原夫妻を橋爪と高畑、娘を剛力が演じ、葬儀社の新入社員役を水野が演じる。

 久々の映画出演となった剛力は「お芝居も久しぶりでものすごく緊張していたのですが、皆さんが本当に温かく受け止めてくださるので、楽しく撮影しています」と笑顔で報告した。

 劇中では、両親の熟年離婚を止めるべく奮闘する娘の役を演じた剛力。「なかなか普段、そういう場に出会うことがないので想像がつかない。ささいなけんかが大きくなっていくのを見ていると、どうしても、お母さん寄りになりそう」としながらも、「あくまでも役。ナチュラルに娘として存在し、リアルにその場で感じて親を思う、そこを大事にしながら演じています」と話した。

 映画にちなみ「人生整理をする場合、一番最初に何を行うか」と尋ねられた高畑は「理想としては、畳1畳分の洋服しか持たない女になりたいです」と答えた。

 一方、橋爪は「私に聞くんですか? それは単なるいじめでしょう」と回答を拒否して笑いを誘った。

 昨年秋、ZOZO前社長の前澤友作氏との破局が報じられた剛力には、「最近、身近で“精算”したことは?」という質問も。

 剛力は「洋服の整理をつい最近したばかり。“こういうのを着ていたな”とか、思い出を振り返りながらやると、時間が掛かってなかなか終わらない。洋服が大好きで毎シーズン買ってしまうので…」と回答。

 「服はネット通販で買うんですか?」と突っ込まれると、「いえいえ、私はお店に行って、試着をしっかりしてから選んで買います」と苦笑交じりに答えた。

 映画は2021年春公開。

(左から)松下由樹、剛力彩芽、水野勝、橋爪功、高畑淳子