エンタメ

山田裕貴、りんごちゃんと“クレしん”映画に参加 「俳優というお仕事の防衛を懸けて」

山田裕貴、りんごちゃんと“クレしん”映画に参加 「俳優というお仕事の防衛を懸けて」 画像1

 『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』の公開アフレコイベントが18日、東京都内で行われ、ゲスト声優を務めた山田裕貴、りんごちゃんが登場した。

 本作は、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版28作目。自由な落書きをエネルギー源として空に浮かぶ王国「ラクガキングダム」は、地上の落書きが減ったことで滅亡の危機にひんしていた。王国軍は、無理やり落書きをさせるため、しんのすけの住む春日部に侵略を開始する。

 アニメ声優初挑戦となった山田は、ラクガキングダムの防衛大臣役を担当した。「子どものころから見ていた『クレヨンしんちゃん』の世界に自分が入れるのは不思議な感覚だった。昔はしんちゃんのまねをしていたみたいで、母に、この映画をやることを伝えたら『あんた、お尻出してたもんね』って言われました」と明かして笑わせた。

 また、大のアニメ好きで「声優さんのお仕事をリスペクトしている」とも語った山田は「防衛大臣役を通して、プロの声優の皆さんからも、『あの子、なかなかやるじゃないか』と言ってもらえるぐらいまで持っていけたらと。そんな意気込みでやっていた。自分の、俳優というお仕事の防衛を懸けて参加させてもらいました」と語った。

 一方、りんごちゃんは「ウキウキカキカキ作戦」の指導官リンゴ・イチゴ・メロンの一人三役を担当。「正直(最初は)自信があったのですが、スタジオに立った瞬間、緊張で固まっちゃった。でも、だんだん気合が入り、楽しくなってきて…。出来上がったものを見たときは本当に感動して、キャラクターに命を吹き込んだ、という実感が湧きました」と手応えを口にした。

 会場では、2人が生アフレコを披露。しんのすけから「いい声出てた!」と絶賛された山田は「ありがとうございます。先輩!」と大喜びしていた。

 映画は4月24日から全国公開。