エンタメ

神田愛花、夫・日村勇紀への不満が爆発 「ゲームをしているだけで、ご飯が出てくると思うな」

 フリーアナウンサーの神田愛花が28日放送のバラエティー番組「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)にゲスト出演。夫でお笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀への不満を告白した。

 番組では「芸能人のリアルな自粛生活」を特集。司会の浜田雅功(ダウンタウン)が「神田さんのところは日村はどうですか?」と問い掛けた。

 すると神田は「夫が家事を手伝ってくれるようになって、ゴミを捨ててくれたり洗濯物を取り込んでくれたりするんですけど、食べることにしか興味がないみたいで。私は料理がすごく苦手なので、毎日夜ご飯のプレッシャーが苦痛なんです」と話した。

 日村は朝起きて無呼吸症候群の治療用のマスクを取り外すと、開口一番「今日、夜ご飯何?」と聞くのだと言う。

 神田は「起きたばかりなのに、もう夜のことか~って思って。一生懸命作るじゃないですか。夫はテレビゲームをやっているので、私がご飯を出すと『おいしそうだね』って言うから、フンッて思います」と夫へのイライラを明かした。

 松本人志(ダウンタウン)が「(夫は)『おいしい』って言わないと駄目なんじゃないの?」と聞くと、神田は「『おいしそうだね』じゃないんですよ。女性側からすると『あなたも作りなさいよ』っていうことなんですよ。ゲームをしているだけで、ご飯が出てくると思うなよって」と不満を爆発させて笑いを誘った。

 また、神田は「夫のことが24時間監視体制に置けるようになったので、“隠れ食い”ができなくなって4キロ痩せました。この前、朝起きて(横に寝ている)夫を触ったらおなかがぺったんこで、びっくりしました」とエピソードを披露した。