エンタメ

広瀬アリス・すずら、きょうだい共演に歓喜の声 「夢の共演、新鮮で面白かった」

 リモートドラマ「Living」(NHK総合)の第1話と第2話が30日に放送された。

 本作は、坂元裕二氏が書き下ろした、新作のリモートドラマ。15分×4本のオムニバスで構成され、実際に家族として日常を共にする俳優陣が出演する。

 第1話には広瀬アリスと広瀬すずが出演。はた目には平凡な生活を送っているように見える彼女たちだが、実は誰にも見せたことがない裏の顔があり…というストーリーが展開された。

 続く第2話には、永山瑛太と永山絢斗が登場し、近未来の日本を舞台に、“過去にはやった料理”を作ることをなりわいにする兄と弟を演じた。

 通常のドラマではなかなか目にすることがないきょうだい役での共演とあって、SNS上には「きょうだい共演ならではのすさまじさがあった」「夢の共演、新鮮で面白かった」「2人の素が出てた」などの声が集まった。

 一方、深みのある物語については、「めっちゃぞくぞく、みぞみぞする」「今までにない、新しいものを見た感じがした」といったコメントが寄せられた。