エンタメ

千鳥・ノブ「天才過ぎる」と驚いた人物を告白 「0.2秒でその突っ込み出る」

千鳥・ノブ「天才過ぎる」と驚いた人物を告白 「0.2秒でその突っ込み出る」 画像1

 お笑いコンビ・千鳥のノブと大悟が、6月30日放送のバラエティー番組「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」(フジテレビ系)に出演し、「天才過ぎる」と驚いた人物について告白した。

 番組のトーク中、「収録時に『こいつ天才過ぎるわ』と驚いた瞬間がある」という話題になると、千鳥の2人は「ある」と回答。

 ノブは「収録中とかに、この人どう突っ込むんだろう、というのを見ていて(天才だなと)思ったのが有吉(弘行)さん」と語った。

 その理由として、番組収録の際に、ノブと有吉とアンタッチャブルの山崎弘也が、映画『天気の子』のVTRを見ていたときのエピソードを披露した。

 「『天気の子』のVTRが終わったら、ザキヤマさんがいきなり『石原良純さんの話でしたね』って言ったんですよ。そうしたら、間髪入れずに、(有吉が)『あれはただの石原の子だよ』って言ったんです。0.2秒でそれ出る、と思って」と有吉の突っ込み力を称賛した。

 また、ノブが「俺はもう恥ずかしい、何も出ないから、ああ~って(思った)」と嘆くと、大悟は「ノブが自分を責めることはない。わしは(天才は)ノブやと思う」と語った。

 続けて大悟は、ノブの顔面に洗濯ばさみを大量に付けて痛がらせる「罰ゲーム」の収録時に、「ボケてノブの片耳に洗濯ばさみをどんどん(下に長く)付けていった」ところ、ノブが大悟の予想に反して瞬時に「キャンドル・ジュンか」と突っ込んできたことを例に挙げ、「これは出ない。キャンドル・ジュンはあのスピードでは出ない」と話して、共演者らを爆笑させた。