エンタメ

松本穂香&奈緒、七夕イベントで浴衣姿を披露 願い事は「一緒にキャンプに行けますように」

松本穂香&奈緒、七夕イベントで浴衣姿を披露 願い事は「一緒にキャンプに行けますように」 画像1

 映画『みをつくし料理帖』七夕大ヒット祈願!記者会見イベントが7日、東京都内で行われ、出演者の松本穂香、奈緒と角川春樹監督が出席した。

 本作は、高田郁氏のベストセラー時代劇小説を映画化。大阪に生まれた少女・澪(みお)が、天性の料理の才を武器に、数々の困難に立ち向かいながら料理人として成長していく姿を描く。

 澪役の松本が、生き別れた幼なじみ・野江役の奈緒について、「電話で話したり、ご飯に一緒に行ったり、仲良くさせてもらっています」と明かすと、奈緒も「実は現在撮影中のドラマもご一緒させていただき、プライベートでも話をする関係性です」と語った。

 この日は七夕ということもあり、2人は艶やかな浴衣姿で登場。松本が「奈緒ちゃんとキャンプに行けますように」、奈緒が「晴れの日の多き十月となりますように」と、それぞれ短冊に願い事を書き、奈緒は「映画は10月16日公開です。今は雨が続いている日々なので、願いを込めて書きました」と説明した。

 そんな松本と奈緒について、角川監督は「2人に共通しているのは、脚本の読解力が極めて高いところ。そして、穂香はけなげなぐらいの努力家。奈緒は直感的な感性の持ち主。ラストシーンはその演技にゾッとした。大女優誕生の場に立ち会ったような気がした」と語った。

 それを聞いた松本は「撮影後も、監督はずっと私たちを見守って愛してくれているんだと感じています」と語った。