エンタメ

「BG」木村拓哉と斎藤工の「誤差なし」が好評 キムタクは「日本のトム・クルーズ」の声も

「BG」木村拓哉と斎藤工の「誤差なし」が好評 キムタクは「日本のトム・クルーズ」の声も 画像1

 木村拓哉が主演するドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)の5話が16日に放送された。

 本作は、2018年1月期に放送されたドラマのシーズン2。木村演じる島崎章が、“利益優先”の組織を飛び出し、私設ボディーガードとして活躍する姿を描く。

 第5話では、島崎と高梨雅也(斎藤工)が元同僚(間宮祥太朗)からの依頼で、何者かにストーカー被害を受けているという彼の恋人(成海璃子)の身辺警護にあたった。

 成海は、秘書役ということでパリッとしたスーツ姿を披露。子役から活躍していることもあり、そのりりしい姿に「久しぶりに成海璃子見たけどきれいになったなあ」「やっぱステキな女優さん」「きれいになり過ぎて全く分からんかった」といった、驚きと称賛の声が集まった。

 また、木村と斎藤のバディぶりが好評の本作。SNS上には「お二人が相変わらずカッコいい」「目の保養」「島崎警備の2人、ビジュアルもいいけど、声がいい。声がいい。声がいい。大事なことなので3回言いました」などと、絶賛するコメントが続出。

 警護に入る前に腕時計を見せ合って「誤差なし」というおなじみのシーンも人気で、「今日の『誤差なし』もカッコ良過ぎ」「今週も誤差なしで受け取りました!」といったファンの声が相次いだ。

 終盤には、島崎が自分を付け回す謎の男と激しく闘うシーンも。木村のキレのあるアクションには、「カッケー!日本のトム・クルーズ!!」といったコメントが寄せられた。