エンタメ

山崎賢人、映画『劇場』で新境地を開拓 「ここまで愚かなものを出せる役は初めて」

山崎賢人、映画『劇場』で新境地を開拓 「ここまで愚かなものを出せる役は初めて」 画像1

 映画『劇場』初日リモート舞台あいさつが17日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人と行定勲監督が登場した。

 本作は、又吉直樹の恋愛小説を映画化。演劇の世界で夢を追う永田(山崎)と、彼を支える真っすぐな沙希(松岡茉優)の、生涯忘れることのできない恋を描く。

 理想と現実の間で葛藤し、大切な存在の沙希にまでつらく当たってしまう永田を演じた山崎は「人間って愚かな部分がたくさんあると思うけど、ここまで愚かなものを出せる役というのは初めて。本当に永田を演じられてうれしかった」と、しみじみ振り返った。

 また、役柄に共感する部分も多かったそうで、「永田が劇作家で僕は俳優。表現するという意味ではすごく近い。普段自分が抱えているような感情がいっぱいあって、台本を初めて読んだときに、すごく面白いなって思ったし、やりたいシーンがいっぱいあった」と明かした。

 行定監督は、プロデューサーから永田役に山崎を提案され、「これはいい、と思った」と、キャスティングの経緯を説明。山崎とは「事務所で会ったのですが、まあ、きれいな顔をしていて、その瞬間に、汚したいと思った。ひげを生やしたり、髪をボサボサにしたりして、『歯も黄ばませたい』と言ったら、『分かりました。コーヒーをいっぱい飲みます』って頼もしい感じで…」と笑顔で振り返った。

 会場では、松岡からのビデオメッセージも流された。山崎は「茉優ちゃんの魅力たっぷりでしたね」とほほ笑み、「本当に頼もしい同世代の女優さん。撮影前に連絡を取って、共通認識を持っておこうと話してくれた。茉優ちゃんとほぼ二人芝居だったので、本当に一緒にできて楽しかった」と語った。

山崎賢人(左)と行定勲監督