エンタメ

「私の家政夫ナギサさん」瀬戸康史の“あごクイ”に大反響 「キュンキュンが止まらない」

「私の家政夫ナギサさん」瀬戸康史の“あごクイ”に大反響 「キュンキュンが止まらない」 画像1

 多部未華子が主演するドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)の第4話が、28日に放送された。

 本作は、製薬会社のMR(医薬情報担当者)としてバリバリ働く28歳の独身女性・相原メイ(多部)が、おじさん家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)を雇ったことから巻き起こるハートフルラブコメディー。

 第4話では、ライバル会社のMR・田所優太(瀬戸康史)にメイが隣に住んでいることがバレてしまい、ナギサさんを雇っていることを知られたくないメイは父だとごまかすことに。一方、医師の肥後(宮尾俊太郎)はメイに猛アプローチ。誘いを断れなくなったメイは、後輩の遥人(眞栄田郷敦)を伴い、懇親会という名のデートをすることになってしまう。するとそこに、田所とメイの同僚の薫(高橋メアリージュン)がやってきて、デートで鉢合わせするというまさかの展開に。

 コンビニで偶然会ったメイと田所が、公園でおつまみを食べながら飲むシーンでは、SNS上に「こんなの私もやりたかった」「付き合ってないのに、付き合ってる空気感。いいなぁ」「可愛いのオンパレード!」などのコメントが多数寄せられた。

 さらに、田所がメイを“あごクイ”して唇に付いたマヨネーズを拭うシーンや田所がお風呂上がりにベランダで缶ビールを飲むシーンが流れると、「キュンキュンが止まらない」「瀬戸くんはイケメンが際立ってる」「ハートをズッキュンと撃ち抜かれた」「瀬戸康史が爆イケすぎて心拍数上がった」と、ときめく視聴者が続出した。