エンタメ

「BG」最終回「いつまでも余韻が抜けない」 「3もあると信じてる」

「BG」最終回「いつまでも余韻が抜けない」 「3もあると信じてる」 画像1

 木村拓哉が主演するドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)の最終回が30日に放送された。

 本作は、2018年1月期に放送されたドラマのシーズン2。木村演じる島崎章が、“利益優先”の組織から飛び出し、私設ボディーガードとして活躍する姿を描く。

 最終回では、章を付け回していた男の正体が元警護課の警察官・加藤一馬(中村織央)と判明。しかも、その加藤は総裁特別補佐・桑田宗司(小木茂光)を再び襲い、「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオル)の指示でやったと主張した。

 警察に追われ、逃走した劉は、敵視していたはずの章に警護を依頼する。高梨(斎藤工)は猛反対するも、章は依頼を受け、一人で劉を守る覚悟を決める。

 全7話と、通常の連続ドラマより短い話数で終わった本作だが、視聴者の満足度は高く、SNS上には「最終回にふさわしい素晴らしい内容でした。ずっとドキドキ、緊張しっ放しでした。満足!」「いつまでも余韻が抜けない」などの声が多数集まった。

 特にラストに「KICKS CORP.」で共に働いていた4人のボディーガードたちが再集結し、「誤差なし」と声を掛け合うシーンには、「グッときた」「4人そろった『誤差なし』にゾワゾワしました。もっともっとこのチーム感を味わいたい」「格好よかった! しびれた! 最高でした!」などのコメントが集まり、大きな反響を呼んだ。

 また、「またすぐにやってくれ。7話じゃ物足りない」「3もあると信じている」と続編を切望する投稿も相次いだ。