エンタメ

「私の家政夫ナギサさん」多部未華子の家族愛に感動の声 「不覚にも泣いた。やっぱり家族愛ステキ!」

「私の家政夫ナギサさん」多部未華子の家族愛に感動の声 「不覚にも泣いた。やっぱり家族愛ステキ!」 画像1

 多部未華子が主演するドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)の第5話が4日に放送された。

 本作は、MR(医薬情報担当者)としてバリバリ働く28歳の独身女性・相原メイ(多部)が、おじさん家政夫の鴫野ナギサ(大森南朋)を雇ったことから巻き起こるハートフルラブコメディー。

 第5話では、メイの父・茂(光石研)の還暦パーティーが開催された。これを機に、3年前に実家を飛び出したままの妹・唯(趣里)と母・美登里(草刈民代)の仲を取り持ちたいと考えたメイはナギサさんに相談。2人を仲直りをさせるためのある作戦を決行する。

 これまで、メイが仕事に対して悩みながらも奮闘する姿を、彼女の周りにいる人たちとの関係を含めて描くことが多かった本作だが、今週は趣向を変えて、メイの家族愛をじっくりと描いた。

 放送終了後、SNS上には、「涙なしでは見られない回だった。家族の関係性は変わっても、親と子で一緒に過ごした時間は変わらないんだな」「家族のシーンは涙腺崩壊しました」「不覚にも泣いた。やっぱり家族愛ステキ!」「最後は相原家の和やかな雰囲気が見られて、癒やされた」といったコメントが集まった。

 一方、今回は瀬戸康史が演じる田所とのシーンは少なめ。2人の関係に変化がなかったこともあり、視聴者からは「今日は圧倒的に田所さん不足…」「ナギサさんの出番が少ないのも寂しいけど、田所さんの出番が少ないのも寂しい」などの声も上がった。