エンタメ

「半沢直樹」西田尚美の熱演が話題に 「鉄の女、女版半沢直樹だね」

「半沢直樹」西田尚美の熱演が話題に 「鉄の女、女版半沢直樹だね」 画像1

 堺雅人が主演する日曜劇場ドラマ「半沢直樹」(TBS系)の第7話が、30日に放送された。

 今回は、帝国航空の立て直しを進める半沢(堺)が、政府の圧力に追い詰められながらも、最後の望みを懸けて、帝国航空のメインバンクである開発投資銀行の谷川(西田尚美)のもとを訪れる場面が描かれた。

 “鉄の女”の異名を持つ谷川は、政府系銀行という立場から、政府の意向に従い債権放棄をするつもりだとした上で、「結局私たちは…、債権放棄なんか拒否するべきなのよ。それぐらい私だって分かっている。私だけじゃない。開投銀のほとんどの行員がそう思っている」と、感情をあらわにした。

 「でしたら、谷川さん」と協力を求める半沢に対し、谷川は「上にいる一部の役員たちがそれを許さない。私たちは政府に逆らうことなど許されないんです。どうしてもできないことだってあるの」と涙ながらに叫んだ。

 この谷川の姿に、視聴者は「西田さんが壊れた!」「鉄の女、キレた!」「西田尚美の叫びに犬が飛び起きた」などと驚いた様子。

 また、「西田さんめっちゃいいな」「鉄の女なんかじゃないよ。谷川さん血の通ったまともな人じゃん!」「迫真の演技」「鉄の女の叫び、響いたよ!」とその熱演を称賛する声も続出した。

 終盤の「タスクフォース合同報告会」で谷川は、「開発投資銀行は、タスクフォースによる債権放棄の要請に対して見送りの決断を下しました」と発表。政府の呪縛から解き放たれ、半沢らと手を取り合った。

 これには視聴者も、「かっけええ!」「信じてたけど鳥肌立った!」「鉄の女、女版半沢直樹だね」「本日のMVP、西田尚美さん」と大興奮の様子だった。