エンタメ

GACKT「1回見たときは全く分からなかった」 クリストファー・ノーラン監督『TENET テネット』

GACKT「1回見たときは全く分からなかった」 クリストファー・ノーラン監督『TENET テネット』 画像1

 映画『TENET テネット』公開記念LIVE配信イベントが31日、東京都内で行われ、ミュージシャンのGACKT、映画コメンテーターのLiLiCoが登場した。

 本作は、クリストファー・ノーラン監督のオリジナル脚本によるアクションサスペンス。“時間のルール”から脱出し「第3次世界大戦から人類を救え」というミッションを命じられた名もなき男(ジョン・デイビット・ワシントン)が、相棒と共に任務を遂行していくさまを描く。

 ノーラン監督の大ファンというGACKTは、本作を鑑賞した感想を問われると、「1回見たときは全く分からなくて、あまりにも悔しくて、別日に2回目を見たときに“ああそういうことか”という気付きがたくさんあった。あまりにも概念が新し過ぎて、なかなか頭の固い人には受け入れられない部分がある。僕も結構頭が固い方なんだなって…」と苦笑交じりに明かした。

 LiLiCoもGACKTと全く同じ感想を抱いたそうで、「ノーラン監督の作品なので、それなりの覚悟はしていたのですが、1回目は考え過ぎて分からず、次の日にもう一度見に行った。これって完全にノーランのトラップにハマっているってことなんですよね」と、笑顔で話した。

 また、本作にちなみ、「時間の逆行した世界に行ったら何をしたいか」という質問に、GACKTは「いや、したくないです。過去のある時点に戻って何かができるならいいけど、逆行を体験するというのは、思っている以上に気持ち悪いと思うんです。目の前を、巻き戻しをしている車が走っているとしたら、めちゃくちゃ気持ち悪くないですか」と答えて笑いを誘った。

GACKT(左)とLiLiCo