エンタメ

今田耕司、スレンダー美女“お持ち帰り”報道に言及 「文春砲はびっくりするぐらい合ってる」

今田耕司、スレンダー美女“お持ち帰り”報道に言及 「文春砲はびっくりするぐらい合ってる」 画像1

 お笑いタレントの今田耕司が5日放送のバラエティー番組「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)に出演した。

 8月に文春オンラインで、芸人仲間の又吉直樹らと女性を交えて酒を飲んだ後、スレンダー美女を“お持ち帰り”し、自宅に2時間滞在させたと報じられた今田。

 MCの明石家さんまが「今日、今田が落ち込んで楽屋に入ってきた。文春砲にやられよってん」と明かすと、54歳・独身の今田は「女子とや!」とどや顔で言い、「ほんまなあ、びっくりするぐらい合ってるんや」と、その内容が事実であることを認めた。

 しかし、「一つだけ報道が事実と違うことがあった」と言い、「個室のバーだったんですけれど、一気コールが聞こえてきたと(書かれた)。一気なんて絶対にしない。僕のポリシーは、おいしいお酒を自分のペースでそれぞれ飲むこと。これだけが心外です、悔しいです!」と、後輩芸人のネタをパクりながら話して笑いを誘った。

 “お持ち帰り”報道については、「全然腹が立ちません。1回、家の前にタクシーを呼んで『これに乗って帰り』って言って帰ったんだけど、1人になったときに、寂しくなっちゃって。『戻ってきて一緒に飲まへん?』って」と経緯を明かした。

 その後については、「リビングで飲ませていただいて。バーテン気取りで『さっきのバーもいいけど、うちもおいしいやろ』って言いながら…。そこからはファンタジー」とコメントした。

 また、酒を飲んだバーについて、「記者が3社いたらしい。トイレに行くときに(股間を指差して)『こっちも仕上がっていますよ!』っていう会話も書いてあった。もう恥ずかしくて、文章で見たら、気持ち悪くて」と語った。