エンタメ

中村獅童、角川春樹監督への愛を語る 「うちの息子の名前は“はるき”ですから」

中村獅童、角川春樹監督への愛を語る 「うちの息子の名前は“はるき”ですから」 画像1

 映画『みをつくし料理帖』完成披露舞台あいさつが17日、東京都内で行われ、出演者の松本穂香、奈緒、若村麻由美、窪塚洋介、小関裕太、藤井隆、石坂浩二、中村獅童と角川春樹監督が登壇した。

 本作は、高田郁氏のベストセラー小説を映画化。大阪に生まれた少女・澪(松本)が、天性の料理の才を武器に、困難に立ち向かいながら料理人として成長していく姿を描く。

 角川作品に初めて参加した松本は「監督は毎日現場で『今日のお芝居すごく良かったよ』と声を掛けてくださった。でも撮影前に『女性陣は褒めて伸ばす。男性には厳しくいくから』と宣言されていたので、褒めてくださっても、それがよぎる。『本当に思ってくれているのかな?』って…」と明かして笑わせた。

 当の角川監督は「皆さん、持っている力以上のものを出して演じてくれた」とし、松本についても「想定を超える演技をしてくれました」と賛辞を送った。

 獅童は、2005年の『男たちの大和/YAMATO』で角川作品に初参加。再び本作に呼んでもらえたことに感謝しながら、「現場で監督の怒鳴り声を聞いて“まだまだ大丈夫だな”と思った。『これが俺の最後の作品だ』とおっしゃっているけど、まだまだ撮り続けていただきたい」と語った。

 さらに「僕、監督のことが好き過ぎて、うちの息子の名前は陽喜(はるき)ですから」とエピソードを披露。角川監督は「名付けの前に電話がかかってきて了承しましたが、これは自分のストレス解消のためなんですよ。『おい、はるき!』って言いたいがために。憂さ晴らしのためだとハッキリ思っています」と話して笑わせた。

 映画は10月16日から公開。

(左から)窪塚洋介、松本穂香、中村獅童、石坂浩二、藤井隆、角川春樹監督