エンタメ

「2020アジア・ソング・フェスティバル」、韓国・慶州から無料配信 K-POPとアジアのトップアーティストが集結、AKB48も参加

「2020アジア・ソング・フェスティバル」を開催 韓国・慶州からオンライン無料配信 画像1
慶尚北道日本観光広報事務所 「2020アジア・ソング・フェスティバル 慶州」

 

 韓国で開かれるアジア最大級の音楽イベント「2020アジア・ソング・フェスティバル(ASF)慶州」が、10月5日(月)から10日(土)まで、韓国・慶州を舞台に開催。K-POPをはじめ、アジアのトップアーティストが参加する。日本からはアイドルグループ「AKB48」が出演予定だ。

 ASFは2004年から、音楽を通してアジアの文化交流を図ることを目的に始まり、今年で17年目。例年、韓国各地の会場で開催しているが、新型コロナウイルスの影響で、オンラインによる無料配信での開催となった。今年の舞台は、韓国の文化遺産が多く残る慶尚北道・慶州だ。

 10月5日から9日は、午後8時(時差なし)から「路上ライブステージ」を開催。K-POPアーティストが慶州の文化財を背景にライブ出演する。

 10月10日は午後8時から午後10時まで、アジアのトップアーティストが出演する「メインステージ」を開催。韓国のアーティストは慶州市のステージで無観客公演を行い、日本や中国、ベトナムなど6カ国からはそれぞれの国からオンラインでパフォーマンスを披露するという。

 「メインステージ」の出演アーティスト(予定)は以下の通り。

【韓国】KANG DANIEL(カン・ダニエル)、Red Velvet-IRENE&SEULGI(アイリーン&スルギ)、YOOA(ユア)、MOMOLAND(モモランド)、ATEEZ(エイティーズ)、iKON(アイコン)、THE BOYS(ザ・ボーイズ)

【海外】AKB48(日本)、PROJECT K(ミャンマー)、WHEN CHAI MET TOAST(インド)、S.K.Y(中国)、ERIK(ベトナム)、Milli(タイ)

 ライブは、公式サイトなどのユーチューブチャンネルで配信される