エンタメ

大竹しのぶ、誕生日に「何もなく終わっちゃった」 松尾スズキ「僕はそういうのが苦手」

大竹しのぶ、誕生日に「何もなく終わっちゃった」 松尾スズキ「僕はそういうのが苦手」 画像1

 「COCOON Movie!!芸術監督名作選」初日舞台あいさつが6日、東京都内で行われ、松尾スズキ、大竹しのぶ、宮沢りえ、小池徹平が登壇した。

 本イベントは、Bunkamuraシアターコクーンで、過去の名作を映像で楽しむ企画。松尾が20年間にシアターコクーンで上演した作品や、蜷川幸雄演出、宮沢出演の「下谷万年町物語」、串田和美作・演出の「もっと泣いてよフラッパー」などが上映される。

 松尾は「昔の演劇を改めて見ることができないのが当たり前でしたが、今は立派なカメラや音声技術があって、それを放映できます。視聴者の方はテレビやパソコンで見ますが、大きなところでやった公演は大きなところで見たいんじゃないか、という思いがありました」と企画意図を語った。

 今回上映される、松尾が演出した「女教師は二度抱かれた」に出演した大竹は、当時を振り返り、「(松尾が主宰する)『大人計画』の方は、舞台では思い切ったことをなさるのに、普段はしゃべらなくて、おとなしくて、恥ずかしがり屋」と明かした。

 大竹は稽古期間中に誕生日を迎えたが、「『ハッピーバースデー』とやることが多いんですけど、何もなく終わっちゃった。松尾さんに、『お誕生日おめでとう』って言ってくださいって言ったんですけど、『僕はそういうのが苦手』って…」と明かして会場を笑わせた。

 さらに、大竹は、同作で共演した星野源についても「繊細な方でした。みんな繊細だからもう、嫌になっちゃう。でも、大好きなんです」と独特の表現で思い出を語った。

 「COCOON Movie!!芸術監督名作選」は11日まで開催。

(左から)小池徹平、宮沢りえ、大竹しのぶ、松尾スズキ