エンタメ

北村匠海、撮影時は「今より8キロ太っていた」 山本舞香「かわいくてしょうがない」

北村匠海、撮影時は「今より8キロ太っていた」 山本舞香「かわいくてしょうがない」 画像1

 映画『とんかつDJアゲ太郎』のイベントが6日、東京都内で行われ、出演者の北村匠海、山本舞香、伊藤健太郎、加藤諒、浅香航大、栗原類、DJ KOO、ブラザートムが出席した。

 本作は、とんかつ屋の3代目の跡取り息子・アゲ太郎(北村)が、一目ぼれした苑子(山本)の心を射止めるために、とんかつもフロアもアゲられる「とんかつDJ」を目指す物語。

 DJ KOOの“アゲアゲDJパフォーマンス”に合わせて、からし色のスーツ姿で登場した北村は「キャベツにもとんかつにも合う色で来ました。かつてこんなイベントがあったでしょうか。自分が一番困惑しています」と笑顔で語った。

 北村にとっては本作が初のコメディー作品。山本は「カメラが回る前に1人で変顔をしていた。顔をほぐしてから現場に入る姿を見て一生懸命だなって思っていました。あのときは、わがままボディーだったよね?」と問い掛けた。

 北村は「ぽっちゃりどころか、デブ過ぎるほどデブでした」と苦笑しつつ、「役作りってことにしたいけど、その当時は何も気にせず飲み食いしていたものですから、今よりも多分8キロ以上太ってたんです。でも、ふたを開ければ、とんかつ屋の息子なんだから、プヨプヨのだらしない体でいいじゃないかって、捉えるようにしました」と笑った。

 劇中には、北村が体操着で渋谷を爆走するシーンがあるという。山本が「かわいくてしょうがない。太ももがムチムチでくっつきそうな感じ」と語ると、北村も「ほぼ裸なんですよ。最初は恥ずかしかったけど、アゲ太郎を演じるからには、捨て切るしかないと思って、全てを捨てて走りまくりました」と語った。

 映画は、10月30日から公開。

映画『とんかつDJアゲ太郎』の出演者たち