エンタメ

「危険なビーナス」ディーン・フジオカが妻夫木聡とだまし合い 「“悪ディーン”にゾクゾクする」

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第2話が、18日に放送された。

 今回は、矢神家の養子の勇磨(ディーン・フジオカ)が、伯朗(妻夫木)と楓(吉高)とだまし合いを繰り広げた。

 伯朗と楓に、会うことになっていた牧雄(池内万作)が、待ち合わせ場所の近くのエスカレーターの下で倒れていた。楓は、遺産に関する情報を握る牧雄が、矢神家の誰かに、口封じのために突き落とされたと考え、急ぎ屋敷に向かう。

 今屋敷にいない誰かか、帰宅したばかりの者が怪しいと、アリバイを尋ねて回る2人だったが、逆に楓に疑いの目が向けられてしまう。

 そんな中、伯朗は、勇磨から、楓が本当に明人(染谷将太)の妻であるのかを確かめるために、彼女のスマホを盗んで自分に渡してほしいと頼まれる。

 放送終了後、SNS上には、「黒勇磨さまの悪の目つきに魅了されまくり」「“悪ディーン”さく裂!」「“悪ディーン”にゾクゾクする!」「ディーンさましか記憶に残ってない。存在感デカ過ぎ」「おディーンさまをめでる回」などと、勇磨役のディーンを絶賛するコメントが多数寄せられた。

 また、勇磨とのだまし合いが意外な結末を迎えると、「裏の裏の裏をかいた結末で今週も面白かった!」「緊迫感が増してずっとドキドキワクワクだった」「やっぱり面白過ぎる。謎だらけ」といったつぶやきも相次いだ。