エンタメ

伊藤健太郎、まわし姿にも抵抗なし 「恥ずかしいって感覚がおかしくなる」

伊藤健太郎、まわし姿にも抵抗なし 「恥ずかしいって感覚がおかしくなる」 画像1

 舞台「両国花錦闘士」制作発表記者会見が21日、東京都内で行われ、出演者の伊藤健太郎、大鶴佐助、大原櫻子、紺野美沙子、りょう、作・演出の青木豪氏が登壇した。

 本作は、岡野玲子氏の漫画を原作に、女人禁制の国技ともいわれる相撲を、乙女の視点からポップに描いたもの。

 主演の伊藤は「最初にこのお話を頂いたときに、自分で大丈夫なのかなって、正直、思ったのですが、台本を読んで、なるほどなって感じました。ダンスだったり、歌だったり、チャレンジになる初めてのこともたくさんあるので、それも楽しみにしながら、しっかりと稽古をしていきたいと思います」とあいさつした。

 伊藤が、まわしを手にしただけの姿で撮影されたビジュアルも話題となっているが、「自分の周りの友人からも連絡がきて、『すごいね』って言われました」とコメント。「裸で撮っているのに、『顔だけはファッション誌を撮っている感じでいてください』って言われて、情緒がぐちゃぐちゃな感じで撮影しましたが、いい反応を頂けているのはうれしいです」と笑顔を見せた。

 今回は、劇中でもまわし姿になるが、それに対する抵抗感は、「全くございません。この仕事をしていると、感覚がおかしくなっちゃって、裸でいても、恥ずかしいとか、抵抗という感覚がない」と笑った。

 役作りとして、体作りにも励んでおり、「2、3週間ぐらい、ジムに通っているので、筋肉痛の毎日で大変ですが、徐々に(筋肉が)ついてきています。もっともっと、頑張らないといけないと思っています」と話し、目標体重を聞かれると、「今、68キロぐらいなので、72キロはいきます」と宣言した。

 舞台は12月5日~23日、都内・明治座ほか、大阪、福岡で上演。

(c)2020「両国花錦闘士」