エンタメ

大倉忠義、ファンに迎えられ「ただいまです」 「本当の本当は誰も知らない」

大倉忠義、ファンに迎えられ「ただいまです」 「本当の本当は誰も知らない」 画像1

 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』大ヒット記念舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、主演の大倉忠義と行定勲監督が登壇した。

 本作は、水城せとな氏の人気コミックを映画化。主人公の大伴恭一を大倉が、恭一をいちずに思う今ヶ瀬渉を成田凌が演じた。

 新型コロナウイルスから復活後、初の公の場に登場した大倉は、満員の客席を見渡しながら、「ご心配をお掛けしましたが、万全な体調に戻りました」と笑顔で報告。司会者から「お帰りなさい」と声を掛けられると、「ただいまです」とうなずいた。

 公開後、観客からの反響も大きい本作。大倉は「雑誌とか取材のときも、どこまで語ったらいいんだろうと思いながら受けていた。見た方たちが『恭一はこうなんじゃないか』とか、『今ヶ瀬はこうなのでは』と想像してくださる作品なので、いつまでも言わない方がすてきなものなのかもしれません」といい、「それだけ奥深い作品に携わらせていただけるようになったんだなと。自分で言うのもなんですが、代表作になればいいな、と思っています」と感慨深げに語った。

 大倉の魅力を問われた行定監督は「すごく真っすぐに受け止める。ちょっと、奥底で何を考えてるか分からないところがいい。自分の心情を分かってもらおうという感じがなくて、すごくシンプル。声もいいし、色気もある」と絶賛した。

 大倉は「ありがたいです」と感謝しながら、「皆さんもいろんな媒体を通じて僕を見てくれていると思う。テレビの僕が本当なのか、雑誌の僕が本当なのか。基本、素直なので、全部本当なのでしょうが、本当の本当は誰も知らない、というのが僕はうれしくてたまらない。一生を懸けて見つけてほしいです」と呼び掛けた。

大倉忠義(左)と行定勲監督