エンタメ

中条あやみ、悩んだときは「日記に書く」 小澤征悦「一度、自分を俯瞰する」

中条あやみ、悩んだときは「日記に書く」 小澤征悦「一度、自分を俯瞰する」 画像1

 映画『水上のフライト』舞台あいさつが4日、東京都内で行われ、出演者の中条あやみと小澤征悦、兼重淳監督、室伏広治スポーツ庁長官が登壇した。

 本作は、事故で歩けなくなった失意のヒロイン(中条)が、パラカヌーとの出会いを通して希望を取り戻していく姿を描いたヒューマンドラマ。

 ヒロインが奇跡の復活を目指す本作にちなみ、「スランプに陥ったときの心の持ち方」を尋ねられた中条は「日記にその日の出来事を書くようにしています」と回答した。

 「後からその日記を見返したときに、『こんな出来事があったから今の自分があるんだな』とか、『このときはすごく悩んでいたけど、今から思えば小さい悩みだったな』といった思い出になる。強くなるための経験だと思って書くようにしています」と話した。

 一方、小澤は「僕は、スランプでも、挫折でも、失恋でも、何でもいいんですが、そういうときは、一度、自分を俯瞰するようにしています」と告白。

 具体的には、「自分の100メートルぐらい上に、自分を浮かべてみると、街が見えてくる。そこにはたくさんの人が住んでいて、今自分が感じている挫折感って、恐らく誰かも経験していることなんだろうなと。そうすると、つらいのは自分だけじゃない、自分も頑張ろうと思えてくる。そうやって自分を鼓舞しております」と語った。

 また、本作で競技用カヌーに初挑戦した中条について、室伏長官は「本当にバランス感が良くて素晴らしかった」と絶賛。司会者から「金メダリストからのお褒めの言葉はいかがですか」と聞かれた中条は「その言葉を頂けただけで、この映画はもう金メダルです」と笑顔を見せた。

 映画は11月13日から公開。

(左から)小澤征悦、室伏広治スポーツ庁長官、中条あやみ