エンタメ

道枝駿佑、パパこと井ノ原快彦に感謝 「『自然体でいいんだよ』と言ってくれて…」

道枝駿佑、パパこと井ノ原快彦に感謝 「『自然体でいいんだよ』と言ってくれて…」 画像1

 映画『461個のおべんとう』舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の井ノ原快彦(V6)、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)が登壇した。

 本作は、3年間、弁当作りを毎日欠かすことなく続けた人気ミュージシャンの父親と息子の、心温まる実話に基づく物語。2人は親子役を演じた。

 この日、劇中のせりふにちなみ、「今までに勇気づけられた言葉」を尋ねられた道枝は「それこそパパ(井ノ原)にもらいました」と答えた。

 「バラエティーの収録が終わった後、『なかなかうまくしゃべれなかったな…』と落ち込んでたら、パパから連絡がきて、『おまえのいいところは爪痕を残そうとジタバタしないところ。自然体でいいんだよ』と言ってくれた。それはすごくうれしかったです」と振り返った。

 井ノ原は「収録後に、『今日はちょっと…』って、(道枝が)思いの外へこんでいたから。『全然大丈夫。テレビってのはな、編集というのがあるんだからさ』って。もちろん、爪痕も大事だけど、自然体なのもいい。そしてちゃんと落ち込むというところに、僕は好感が持てました」と語った。

 そんな井ノ原は、自身が「勇気づけられた言葉」を紹介した。「後から『あれは駄目だったんじゃないか』『あの人傷ついたんじゃないかな』と思うことってあるじゃないですか。そういうことを親に言ったら『いや、おまえのことなんて、そんなに考えてないよ。みんな自分のことで精いっぱいだから大丈夫だよ』と言われたことがあって、『確かにそうかもな』と思った。例えば、後輩からちょっと失礼なことを言われたとしても、俺はあまり覚えていない。特にこの年になると全然覚えてないんですよ」と笑った。