エンタメ

仲間由紀恵、健康にいい食生活を意識 困ったときは「野菜たっぷりスープ」

仲間由紀恵、健康にいい食生活を意識 困ったときは「野菜たっぷりスープ」 画像1

 「第9回 健康寿命をのばそう!アワード」表彰式が30日、東京都内で行われ、女優の仲間由紀恵、フリーアナウンサーの宇賀なつみがトークショーに登場した。

 2児の母親でもある仲間は「健康のために意識していること」を尋ねられると、「特に食生活に気を付けて生活しております。食事でもお野菜をできるだけたくさん取り入れるようにしたり、汁物を付けたりしてバランスのいい献立を考えるようにしています」と明かした。

 「1日の野菜摂取目標350グラム」について聞かれると、「毎回測っているわけではないですが、ホウレンソウを何かとあえたり、煮物にニンジンやシイタケを入れたり、うまく350グラムは取れているんじゃないかな」と答えた。

 続けて、「野菜たっぷりスープは困ったときによく作るメニュー」だといい「トマトやタマネギやセロリなど、いろんな余っているお野菜を全部入れてしまうのですが、体は温まるし、わが家ではよく登場するメニューです」と笑顔で語った。

 また、仲間は「朝早いと、前日の疲れが残っているのか、気持ちよく起きにくいなと感じたときがあって。寝る前にちょっとストレッチをするようにしたんです。固まった肩をほぐしたり、腰をゆるゆると緩めて寝ると、翌朝、全然寝起きが違う。すっきりと起きられるようになったので、それはできるだけ続けるようにしています」と明かした。