エンタメ

「Endless SHOCK」舞台と映画を同時上演! 堂本光一「傷ついた心が潤ってくれれば」

「Endless SHOCK」舞台と映画を同時上演! 堂本光一「傷ついた心が潤ってくれれば」 画像1

 「Endless SHOCK -Eternal-」制作発表が1日、東京都内で行われ、出演者の堂本光一、上田竜也、越岡裕貴、松崎祐介ほかが登壇した。

 本作は、今年2月に新型コロナウイルスの影響を受けて中止となった帝国劇場での「Endless SHOCK」を受けて、堂本がニューノーマルな状況下で公演できる作品として新たに構成した。

 9、10月に大阪・梅田芸術劇場で「Endless SHOCK -Eternal-」として発表され、成功を収めたが、帝国劇場での上演は今回が初となる。

 堂本は、公演への思いを「傷ついた心が、こういったエンターテインメントで潤ってくれればいいな、われわれが少しでも助けになればいいな、という思いで立たせていただきます」と語った。

 また「僕は普段、ファンの皆さんに対して塩対応」と自ら話す堂本だが、大阪公演では「全国で応援してくださっている皆さんのエネルギーをステージ上で感じました」と語った。

 さらにこの日、2月公演中止後に無観客で撮影された「Endless SHOCK」が、2021年2月1日から映画館で上映されることも発表された。

 堂本は「スピンオフをやるだけでなく、プラスアルファがあった方がワクワクすると思いました。本編の映像を映画館で上映していただいて、同時期に帝劇に行けばスピンオフが見られるということになれば、初めて見る方もとても見やすいものになる」と説明。

 映像については、「クレーンとかドローンなどの今までやったことがない撮り方ができた。映像作品としても楽しめるものになっていると思います」と自信をのぞかせた。

(左から)松崎祐介、越岡裕貴、上田竜也、堂本光一、梅田彩佳、前田美波里