エンタメ

ジャニーズJr.原嘉孝、伊藤健太郎の代役で力士役を熱演 「全員が僕を支えてくれた」

ジャニーズJr.原嘉孝、伊藤健太郎の代役で力士役を熱演 「全員が僕を支えてくれた」 画像1

 舞台「両国花錦闘士(りょうごくおしゃれりきし)」の公開舞台稽古および取材会が5日、東京都内で行われ、出演者の原嘉孝(ジャニーズJr.)、大鶴佐助、大原櫻子、紺野美沙子、りょうが登場した。

 同名漫画を舞台化した本作は、相撲と演劇を融合した、ダンスあり、笑いあり、相撲ありのエンターテインメント。

 原は、道路交通法違反などの疑いで逮捕された伊藤健太郎の降板を受け、代役として、美形でナルシストな主人公の力士・昇龍を演じる。

 原は「いろいろありましたけれど、無事に初日を迎えられてすごくうれしいです。千秋楽まで一致団結して突っ走ります」と意気込みを語った。

 伊藤の代役を打診されたときの心境について、「僕でいいのかなって思いましたし、座長であってもなくても、役と向き合うことしかできません…と伝えました。返事はすぐに、その場で『やらせてください』と答えました」と回顧。また、「キャスト、スタッフ全員が僕のことを支えてくれました」と感謝の気持ちを言葉にした。

 当初は、ほかの役柄で出演予定だった原。「役が変わったことで苦労したことは?」との問いに、「せりふは最初から覚え直しました。もともとトレーニングをしていて7、8キロは筋肉で増えていたんですけど、昇龍役になってからは、逆に2キロぐらい脂肪を落としました」と答えた。

 10月には自身が所属するユニット「宇宙Six」が解散。「本当にいろいろなことがあった1年ですが、今年を漢字で表すと?」と質問には、「『知』です。コロナで当たり前に立てなくなった舞台に立てる喜びを、改めて知りました」と理由を語った。

 舞台は23日まで都内・明治座ほか、2021年1月に大阪・福岡で上演。

(左から)りょう、大原櫻子、原嘉孝、大鶴佐助、紺野美沙子 (C)【撮影:田中亜紀】