エンタメ

NiziU、デビュー前の紅白出場決定に 「無視できない大きさの反響があった」

 年末恒例の「第71回 NHK紅白歌合戦」の制作統括囲み取材会が9日、東京都内の同局で行われ、チーフプロデューサー(CP)の加藤英明氏が報道陣からの質問に答えた。

 NHKは先月16日、紅白の出場歌手計42組を発表。初出場は10組となった。

 12月2日のCDデビュー前に初出場を決めたNiziUの選出理由を尋ねられた加藤氏は「プレデビュー期というのは、われわれも紅白の出場選考であまり体験したことのない活動の呼び方。その中での議論は確かにありました」と認めた。

 その上で、「今年に入ってから、NiziUさんのお名前を聞かない日はないぐらい話題になっていたし、インターネット上での動画再生回数、プレデビュー時に出された楽曲『Make you happy』の反響には無視できない大きさがあった」と説明した。

 また、12年ぶりの紅白出場を決めたMr.Childrenの話題も。加藤氏は「日本を代表するスーパーバンド」とした上で、「12月に新しいアルバムを発表されるタイミングで、民放各局の音楽番組にも精力的にご出演されている。われわれとしても、滅多にテレビに出ないMr.Childrenさんに、(19日放送の)特番や紅白で、歌声を届けてもらえるということで、大きな反響があった」と明かした。

 Snow ManとSixTONES(ストーンズ)については、「2月に同日デビューをセンセーショナルに飾られて、CDの売り上げ、デジタルでの指標、ともに大きなインパクトを与えた。新しい世代が、デジタルでもフィジカルでも、ともに勢いのある1年だった。それはNiziUも然りだと思う」と語った。

 一方、落選組について質問が及ぶと、「個別のアーティストについては、われわれは一貫して『総合的な判断で』とお答えさせていただいている。何とぞご理解ください」と答えた。